コラム
医院コラムです。
  • 気まぐれ日記

    今日が最後の出勤です

    H29.03.25

    私、チー と言います。
    2年ほど前から病院に出勤していました。
    飼い主さんが海外赴任になり、スタッフが里親となって面倒をみていました。
    病院ではなかなか私に馴れてくれませんでしたが、
    ゲージ越しに遊ぶようにしたら、私が前を通るとゲージの前に来るようになりました。
    かわいいですよね。
    来週からは出勤しなくなるのかと思うと、少しさびしいですね。
    飼い主さんと一緒に楽しく過ごしてくださいね。

    詳しくはこちら

  • 気まぐれ日記

    2月22日

    H29.02.22

    私 稲垣イオ と申します。
    今日は2月22日 ニャンニャンニャン 猫の日です。
    11月18日にここに来て3ヵ月たちました。
    最近は食べることよりも寝ることが気に入っています。
    まるでどこかの子供らの様に・・・
    最近3週間で体重は20gだけ増えました。
    先生は「普通は1週間に70~100g増えるんだけどなア」と言っています。
    確かに、スリムになっています。家族皆プクプクしているのに・・・

    詳しくはこちら

  • 気まぐれ日記

    椎間板ヘルニア

    H29.02.21

    僕 松葉ココ と申します。
    一週間ほど前から後半身がふらつくようになりました。
    検査の結果はミニチュアダックスに多い、椎間板ヘルニアでした。
    症状も軽く早かったし、手術も費用の問題で内科療法を選択しました。
    もう1週間ほど治療を続けていますが、かなり走れるようになりました。
    右後半身に多少のふらつきは残っていますが、もう少し治療に専念します。

    詳しくはこちら

  • 気まぐれ日記

    頬袋脱

    H29.02.18

    私 安田ハム子 と申します。
    朝、頬袋が口から出てしまいました。
    戻すことも不可能で、手術で切除しました。
    体が小さいので「麻酔が心配」と言われましたが、
    無事に終了しました。
    しばらくは食べ辛いかな~

    詳しくはこちら

  • 気まぐれ日記

    関節炎

    H29.02.10

    私、加藤ニコ 間もなく3ヵ月になります。
    年末にビッコになり、その原因を知りたくて・・・
    他の病院でレントゲンを撮って(異常なし)、痛み止めも効かなかったそうです。
    触診すると、肩関節の腫れと筋肉の委縮が・・・
    レントゲンを撮ると肩関節端に棘がある。
    ビッコになった時の状況を再度、お聞きすると、合点が合いました。
    まだ骨は成長するので、1ヵ月後に再診していくことで了解を得ました。
    診察から2週間ほどになりますが、連絡がないようですので落ち着いていると思っております。
    遠くからのご来院ご苦労様でした。

    詳しくはこちら

  • 気まぐれ日記

    新顔です

    H29.01.24

    私 イオ と言います。ここにきてもう2か月になります。
    生まれは分かりません。警察経由で愛護センターに1ヶ月いました。
    病院の息子さんが「猫が欲しい」ということで、センターから来ました。
    誕生日は最初の保護時の体重(180g)から10月1日頃だと言われました。
    今は1.2kg位まで大きくなり、猛猫振りを発揮してます。
    病院に出ると、尻尾が太くなってしまいますが、看板猫を目指したいと思います。
    よろしくお願いします。

    詳しくはこちら

  • 気まぐれ日記

    ウサギの血尿

    H29.01.23

    先日、3歳の雌ウサギの血尿で来院されました。
    検査の結果は子宮が原因の不正出血でした。
    子宮全摘出手術が唯一の完治できる方法です。
    雌ウサギは5歳を超えると子宮疾患が激増し、
    それが原因で命を落とすこともしばしばです。
    子宮を取ってしまえば、10歳以上は生きるともいわれます。
    犬や猫の避妊・去勢手術と同じで、健康な動物にメスを入れる是非も問われますが、
    QOL向上のためにも良いことなのかもしれませんね。

    詳しくはこちら

  • 気まぐれ日記

    断脚手術

    H28.10.18

    喫茶店の招き猫さんが約一ヶ月の交通事故で前足の皮膚がなくなりました。
    関節も動かないので、断脚することになりました。
    術前検査で重度の貧血、AIDS感染、シラミ感染と病気の倉庫でした。
    過日、元気になって退院していきました。
    外飼の猫で、交通量の多い道路に面しているので、いつも心配しているとのこと。
    田舎では完全室内飼いは難しいので、こんな事故も発生します。
    まだまだ若い猫なので、長生きしてもらいたいです。

    詳しくはこちら

  • 気まぐれ日記

    お土産

    H28.09.27

    本日、お土産をいただきました。
    近○さん、ありがとうございました。

    地元の吟醸酒まで!
    また、晩酌が進んでしまいそうです・・・

    詳しくはこちら

  • 気まぐれ日記

    クーちゃん

    H28.09.13

    病院のアイドル クーちゃん が天に召されました。
    写真は最後(9月5日撮影)のものです。

    8月16日に突然の起立不能と歩行不能。腹部触診は異常なく、重度の変形性脊椎症と診断。
    鎮痛剤で一時自力歩行が可能になりましたが、すぐに介助すれば立っていられる状態に悪化。
    9月に入ると、介助しても立っていられなくなり、後躯に浮腫の発生。
    腹部触診で腫瘤発見。日に日に大きくなる腫瘤にびっくり!
    腫瘤の部位は脾臓と思われるが、X線検査では詳細な部位まで特定できないので、 生検(組織検査の採材)して、検査結果を待っている9月6日の朝、天に召されました。

    病理検査の結果は 肉腫 の診断で、送った組織がほとんど壊死組織で由来細胞の特定ができなかったようです。これらの結果からクーちゃんの病態の想像ができました。
    クーの年齢も考えて、積極的治療よりもQOL重視で最期を送らせたつもりですが、クーはどう感じていたのかな?と、考えてしまいます。

    数日間はクーちゃんの存在感を感じました。プードルのギラもクーちゃんのゲージを出たり入ったり・・
    来院する患者さんから「クーちゃんいないの?そうなの・・・」とも言われ、アイドルだったことも再確認しています。

    クーちゃんご苦労様。ありがとう。ゆっくり休んでね。

    詳しくはこちら

気まぐれ日記

HOME > コラム > 気まぐれ日記