Menu

初めてペットを飼われる方へ

Home
いながき獣医科医院

初めてペットを飼われる方へ

犬と猫は人間の家族と共に生活できる、大変魅力的な動物ですが、やはり我々と同様“生き物”ですので、一生病気をしないことはありません。

病気の中にもペット同士で移るもの、人間に移るもの、慢性・急性・突然死するものなどがあります。

共に生活する上で注意し、未然に防ぐためにも飼い主様が気をつけなければならないことをこちらでご紹介させていただきます。

犬の場合

1.狂犬病予防注射

「狂犬病予防法」に基づいて、生後3ヶ月をこえる犬には毎年狂犬病予防の注射をしないといけません。

狂犬病に感染し発症した動物(ヒトを含む)は、ほぼ100%死に至ります。
万が一のためにも、犬全体に免疫力をつける(集団免疫)ため注射が必要なのです。

2.犬糸状虫症(フィラリア症)

フィラリアとは、「蚊にさされて心臓に虫がわく病気」です。
予防には注射による方法と飲む方法があります。
飲ませる時期の目安としては、5~12月となります。
予防対策をしていれば確実に予防できます。
蚊は人間よりも動物の吸血を好むので、室内犬でも予防は必要です。

3.ワクチン接種

ワクチン接種で予防できる病気は「ジステンパー」「伝染性肝炎)」「パルボ感染症」「犬アデノウイルス2型感染症」
「犬パラインフルエンザ」「コロナ感染症」「レプトスピラ病2種類以上」の8種類以上の病気を予防できます。

ワクチン接種時期は、仔犬は生後6~8週齢に第1回目、1カ月毎に計3回接種、成犬は健康なときに接種し、
それ以降毎年1回の追加接種で免疫力が維持できます。

4.寄生虫駆除

外部寄生虫であるノミ・ダニの定期的駆除と内部寄生虫の定期的な糞便検査と感染時駆除を行います。
これら寄生虫は皮膚病・ アレルギー等・重症感染症を起こしますので定期的な駆除が必要です。
検便にやりすぎはありません。何度でも検査できます。

5.歯周病予防

犬の歯周病は日ごろの食生活と関係します。柔らかい餌は歯周病の誘因になります。
月日を重ねた歯石は歯の根元に広がり、細菌感染を受けて歯周病になります。

歯周病予防は、毎日の歯垢除去が大切です。歯垢除去液を滴下したり、動物用歯ブラシでブラッシングしましょう。

6.避妊手術・去勢手術

単に子供を作らない、産ませないだけではなく、さまざまなメリットもあります。
オス犬は、発情期の吼えや咬傷事故・前立腺疾患・会陰ヘルニア予防・交尾感染症の抑制、
メス犬は発情期出血による汚染・吼え・乳腺疾患・交尾感染・子宮疾患の抑制の効果があります。

手術により中性化しますので、全般的に飼いやすくなります。
その反面、肥満・頻尿・脱毛などが起こることもあります。

7.失踪防止

「犬がいなくなりました。病院で捕獲されていませんか?」といった問い合わせがあります。
家に帰れなくなった犬は、ノラ犬になったり、交通事故にあったり、捕獲されて安楽殺処分したりなどの運命をたどります。
犬には狂犬病予防法で鑑札の取り付けが義務付けられています。
首輪に名前と電話番号を書いたり、名刺やマイクロチップ(ガラスの管に入った発信器のようなもの)をつけて飼い主様がわかるようにしてください。

万が一いなくなったら、市役所や警察、動物保護管理センターに連絡してください。

8.食事管理

食餌は病気の80%を作ると言われております。絶対に人間の食事は与えず、ドッグフードを与えましょう。
缶フードは嗜好性は良いのですが、歯牙疾患の誘引になり易いのでドライフードで大粒ものをオススメいたします。

犬はおいしいものをよく覚えますから、生涯同じ味で年齢に合わせた餌を選びましょう。

9.しつけ

犬に飼われないようにしましょう。犬はもともと集団の中で自分の地位を確立しています。
家庭の集団の中で地位を確立し、少しでも自分が上位の地位に着こうとします。

常日頃から犬を触りながら、多少の痛いこともしながら我慢させることも覚えさせます。
しつけの開始時期は早くても大丈夫です。「お座り」「フセ」「待て」「おあずけ」も必要ですが、
それ以上に必要なことがたくさんあります。詳しくはお尋ねください。

10.その他

動物も人と同様に高齢化していきます。
5歳を超えたら定期的な健康診断を実施して、隠れた病気や慢性病を見つけて、治療したりして、
進行を遅らせ長生きさせてあげましょう!

猫の場合

1.ワクチン接種

ワクチン接種で予防できる病気は「猫ウィルス性鼻炎気管炎(鼻かぜ)」「猫カリシウィルス感染症(インフルエンザ)」「猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)」「白血病」「クラミジア」「猫エイズ」の6種類あります。

ワクチン接種時期は、子猫が生後2~3カ月齢に第1回目、1カ月後に第2回目、成猫は健康なときに接種し、
それ以降毎年1回の追加接種を行います。

2.フィラリア症

フィラリア症とは、「蚊に刺されて心臓に虫がわき、呼吸がおかしくなる病気」で、どんどん増えています。
犬の病気ですが、猫や人にも寄生します。
犬のフィラリア症の多い地域の猫の感染率は高く、完全室内飼いの猫でも報告されるようになりました。

寄生数が少ないことや急死することで診断・治療が非常に難しい病気です。予防が最大の有効手段です。
予防は、犬と同じく毎月1回の飲み薬や滴下薬を蚊の出ている期間投与します。

3.寄生虫駆除

外部寄生虫であるノミ・ダニの定期的駆除と内部寄生虫の定期的な糞便検査と感染時駆除を行います。
これら寄生虫は皮膚病・ アレルギー等・重症感染症を起こしますので定期的な駆除が必要です。
検便にやりすぎはありません。何度でも検査できます。

4.血液検査

猫エイズ・猫白血病・猫伝染性腹膜炎・トキソプラズマなどの病気が注目されています。
感染源は感染猫(主にノラ猫)とのケンカ(接触)です。絶対にケンカさせない=外に出さないようにしましょう。

これらの病気を血液検査で感染の有無を調べ、猫の健康管理をしましょう。

5.歯周病予防

生まれて間もなく生えた乳歯は、約半年で永久歯に生え変わります。猫の歯周病は日ごろの食生活と関係します。
柔らかい餌は歯周病の誘因になります。
月日を重ねた歯石は歯の根元に広がり、細菌感染を受けて歯周病になります。

歯周病予防は、毎日の歯垢除去が大切です。歯垢除去液を滴下したり、動物用歯ブラシでブラッシングしましょう。

6.避妊手術・去勢手術

単に子供を作らない、産ませないだけではなく、さまざまなメリットもあります。
オス猫では、発情期の失踪やスプレー(あちこちに尿を少しずつかける現象)ケンカの減少、メス猫もオス猫同様、失踪防止・鳴き声の軽減効果があります。

また、性格を従順にし、飼い易くさせることもできます。その反面、肥満・性格の変化・脱毛などが起こることもあります。

7.失踪防止

「猫がいなくなりました。病院で捕獲されていませんか?」といった問い合わせがあります。
失踪しても困らないように、首輪に名前と電話番号を書いたり名刺やマイクロチップ(ガラスの管に入った発信器のようなもの)をつけて飼い主様をわかるようにしてください。

万が一いなくなったら、市役所や警察、動物保護管理センターに連絡してください。

8.食事管理

食餌は病気の80%は作ると言われております。絶対に人の食餌は与えず、キャットフードを与えてください。
缶フードは嗜好性は良いのですが、歯牙疾患の誘引になり易いのでドライフードをオススメいたします。
猫は一度覚えた味をなかなか変えませんので、食餌の場合、変更が大変です。

9.その他

猫は本来群れを作らず単独で自由気ままな生活を送ります。
しつけの必要性を感ずることも少ないと思いますが、外に出さない飼い方を実践してください。
また動物も人と同様高齢化しています。5歳をこえたら定期的に健康診断を実施し、
隠れた病気や慢性病を見つけて治療し、進行を遅らせ長生きさせてあげましょう。